お客様の声

お客様から頂いたご意見を一部ご紹介させていただきます。

株式会社 山下忠平商店

会長 山下裕久

今、この変化の激しい不安定な時代は、経営者にとって光り輝く希望の星

お客様の困ったことを解決する会社、無くなると困る会社にするべく努力して来ましたが、経営を実行する事は、日々財務バランスを崩す事です。

過去の我社の数字に基づき現時点でどの様な経営行動を行うのか、その判断材料としてりんく税理士法人から毎月送られる、我社のキャッシュフロー速報によって資金繰り対策を迅速に行う事が出来ています。

今、この変化の激しい不安定な時代には経営者にとって森田先生は光り輝く希望の星です。その光を財務で困っている経営者の方々に分け与えてください。四代目には森田先生のまねをする様に話してあります。これからも末長くご指導のほどよろしくお願い致します。

株式会社 財務支援研究所 兼 株式会社ビジネスリンク

代表取締役・コンサルタント
小島宏之

「本当に良い方をご紹介頂いてありがとう」と感謝していただける。

りんく税理士法人の森田雅也様には、この15年間、多大なる刺激と活力とご高見を頂戴しております。

  • 遺産分割で兄弟間に軋轢の生じた東京の親類へのシューティング
  • 高知県でビル10棟所有の資産家に対する不動産事業再構築の指南
  • 『ガイアの夜明け』でも取り上げられた東三河企業への財税務コンサルティングの実施

私共のお客様にりんく税理士法人・森田先生をご紹介すると皆様異口同音「本当に良い方をご紹介頂いてありがとう。」と感謝頂けること、私自身の喜びであります。(私の影が薄くなるのが玉に瑕ですが・・・・・笑)

琉球ミバエから監査・上場。M&A・要求シビアな中小企業税務、さらには便器の構造に至るまでその幅広く深い(臭い?)御見識を待たれているお客様が全国にいらっしゃいます。彼ら個人・企業・社会への福と愛を切に希望しております。

株式会社 安水建設

代表取締役 水野 学

まるで自分の会社のように「わが社は…」という言葉を聞いたときに安心しました。

私は、21年前の30歳の時に住宅建設会社を起業いたしました。現在は、父から引き継ぎました木材業を営んでいます。経営者として右も左もわからない17年前より、りんく税理士法人の森田先生にお世話になっております。

先ず感動をしましたのは、お世話になって間もないころ、弊社に訪問された際に、会話の中で、まるで自分の会社のように「わが社は・・・・・」という言葉を聞いた時には、本当に安心をした思いを覚えております。

今では、経理業務は当然のことですが、世の中も変化しておりますし、会社も変化をしております。経営者として常に悩み、次の一手を打つ際には、時には意見がぶつかり合う場面もございますが、理論的にアドバイスをいただき、一歩一歩、形にできていることは力強いです。また、時には経営のための書籍の紹介、セミナーの紹介をいただき、勉強させていただいております。

最近は、本当に忙しくされておりますが、健康に留意され、今後とも相続相談、会社のバランスシートの相談を、末長くよろしくお願いいたします。

株式会社 竹中電機

会長 竹中義雄

企業経営とはこういう事だと、正に教えていただきました。

りんく税理士法人の森田雅也先生とは、先ず個人的なお付き合いからのご縁が最初です。私の人生の師と仰ぐイエローハット創業者鍵山秀三郎氏の「日本を美しくする会」を通して、一緒になって汗水流しトイレを磨いたことが始まりです。その時の終わった後の何とも云えぬ爽快感は共に未体験ゾーンとなり驚きでありました。

次に100kmウォーク大会への参加、共に泣きながら体の痛み疲れに耐えた後の100kmという長い道のりを完歩した感動は、今も忘れ得ぬ格別な思い出です。等々こうした様々なお付き合いから森田先生の人間としての幅の広さや魅力に引き込まれていきました。

毎年4月に開催されます自社の経営方針発表会にもお招きをいただけるようになりました。そこで拝見した練りに練り上げた経営方針書について、2時間にも及ぶキメの細かい内容のご発表には、企業経営とはこういう事だと正に教えていただきました。

一方、弊社の税務会計処理については、先代からの流れもあって、地元の老舗会計事務所にお任せでやっていて、何ら経営的な面での方向性もなく事務的な処理だけになっていました。高度経済成長の終焉から、私共中小企業にあっても戦略的経営への転換こそが最大の経営課題の時を迎えていましたので、勇気をもって過去からの流れを断ち、森田先生のお力添えを得て、今戦略的経営への一歩を踏み出すところとなりました。

どうか今後共よろしくお願い申しあげます。

株式会社 石川組

代表取締役 石川豐太郎

経営者にとって、なくてはならない「羅針盤」のような存在

父親が他界した後、経営していた会社が多くの問題を抱えている事が分かり、家族一同途方に暮れていたところ、たまたま母親の知人の方のご紹介で巡り合えたのが森田先生でした。

従前の税理士先生も二の足を踏むような、多岐にわたる複数の金融機関からの借入の一本化、個人保証の解消、そして手間の掛かる兄弟間での会社分割…等々の複雑な案件を、迅速かつ綿密なスキームとチーム体制をもって、限られた期限の中で解決していただいた手腕には驚嘆と感謝しかありません。

また幸運な事に、私が会社を設立したタイミングで、私の地元・豊橋でも事務所を設けられましたおかげもあり、豊橋事務所代表の高島先生の温かく、かつ的確なサポートを常に受けられる事も本当に心強く、そして非常にありがたく思っております。

そして、あらためて「経営者にとっての税理士法人という存在は、船乗りにとってなくてはならない羅針盤のような存在」なのだという事を痛感しています。

かのコロンブスでも、羅針盤の助けを借りなければアメリカ大陸という目的地に到達できなかったように、我々も「りんく税理士法人」という正確かつ精密な羅針盤の力を借りなければ、目指す目的地に辿りつくことはできないでしょう。

これからも弊社という新米船も含め、多くの企業を輝かしい目的地へと導いていただきたく存じます。今後の益々の発展をお祈り申し上げます。

お問い合わせ

お気軽にお電話、またはお問い合わせフォームよりどうぞ。

0566-48-1671お問い合わせフォーム
Pgaetop